Blogブログ

セルサスではアッシュ系カラーが人気なのですが

うちのサロンは

カラーをするお客様がとても多いのですが、
その中でも
アッシュ系カラーの人気が凄いです。

 

 

もちろん暖色系のカラーにも魅力があるし

秋・冬には暖色系は特に人気なので

やらないことはないのですが、
うちに求められているデザインで
1年を通じてアッシュ系が多いというのは
やはり外人系とか透明感とか
そういうキーワードが最近多く聞かれるように

なったからかな!?

とかも思います。

 

アッシュ系というと

ひと昔前のギャルを想像する方も

まだいらっしゃるようですが
ブラウンベースのいわゆる
ブリーチしないで出来るカラーでの

アッシュ系オーダーが多いです。

髪の黄色味や赤味をキャンセルしながら

発色させるので

外国人風というわれるような髪色になります。

 

余談ですが、

海外のカラーリストに習った時に、
マリリンモンローの髪色が

モンローアッシュ

と呼ばれていた事を知り
自分でも、いろいろなオリジナルアッシュ系カラーを研究したものです、、、(遠い目 笑)

 

美容院で使用するプロモデルのカラー剤も最近では種類も増え
(セルサスで使用しているカラー剤は300色くらい)
アッシュ系だけでも

大体5つの明るさと

8〜10種類のラインがあります。

これをいろいろ組み合わせて

お客様に提案していきます

まあ、多けりゃいいってもんではなくて

コントロールして、似合わせて
要望に応えるのをコンセプトに

サロンワークしてます。

 

実際のお客様で

アッシュ系について見てみます。

 

ではではビフォアから

IMG_0382.JPG

結構退色してしまってるのですが、
こちらのお客様の髪色の悩みはとにかく
赤味!

 

極端にいうと赤味が残る位だったら緑になったほうがいい

という位勢いがあるので

いつも以上にグリーンを効かせた
マットアッシュを
のせてみました。

IMG_0383.JPG

明るさを残したかったので少し赤味など残ってますが
ビフォアと比べると一目瞭然ですね。

 

次のお客様もアッシュ系を希望なのですが

 

赤味のキャンセルというよりかは

落ち着かせたいけど透明感は欲しい
それでいてアッシュ系がいい
というご希望だったので

仕上がりこちら

IMG_0384.JPG

お二人ともアッシュ系ですが
違いがわかるでしょうか??

カラーの混ぜ方ですが
お二人とも
アッシュ系3種+別の色味です。

ほぼ配合は一緒なのですが
もう1種類の別の色味のカラー剤が

まったく種類が異なります。

 

たった1色混ぜる色を変えるだけで
だいぶ色味が変わるわけですね。

 

一口にアッシュ系といってもいろいろありますので
美容院に行く時は、

なりたい色の画像をできるだけ持っていくと

担当美容師と共有しやすいし
なりたい色のイメージに近づくと思います。

もちろん似合う色を提案する事も

していきますが、

好みの色がある場合や

なりたいイメージが明確な場合は

持ってくのおすすめです。

恥ずかしいかもしれませんが

美容師も情報があった方がイメージつきやすいので、、、

 

夏に向けて

素敵な髪色のご準備を。

 

take care AZS!!

HIDE

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

2019年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

CELSUS line@

友だち追加